#130 決めポーズでピンポイントキャストができる!

バス釣りしてますか?

こんばんは。BASS-UP.COM(バスアップ)です。

↑↑↑ BASS-UP.COM ツールページ ↑↑↑

キャスティングの着弾精度に悩んでいませんか?

ピンポイントキャストをミスしてスポットをツブした、そんなことはありませんか?

 

 

バス釣りの楽しさの1つ

『キャスティング』

狙った場所にルアーを送り込めると楽しいですがピンポイントキャストは難しいものですよね。

そんなベイトタックルでのキャストレベルをアップできる方法があります。

『決めポーズでピンポイントキャストができる!』と題してお送りしますね、どうぞ。

 

Sponsored Link

この記事のキモ

ベイトタックルでのキャスト、最後の決めポーズをするとキャストがうまくなる、という話です。

ネタのようですがきちんと理由をつけて説明します。

こんな方に読んで欲しい

・ベイトタックルが好きな方
・ベイトタックル ビギナーの方

注意
オーバーヘッドサイドスリークォーターキャストなどの遠投キャスト、かつ制度を求めるキャストに限る話です。

決めポーズしてますか?

遠投後、ルアー着水時のあなたはどんな格好をしているでしょうか?

,,,えっと,,,はい!? 誰!?

SAKI

その時のリールの位置はどこにあるでしょうか?

そういえば,,,

SAKI

 

そこで私がおススメするのは

『リールが顔のそばにあるポーズ』

です。

※ ↑ リールが顔のそばにあるポーズ

その理由を順を追って説明していきます。

Sponsored Link

ルアーの弾道調整

ルアーはキャストしても釣り人とラインでつながっていますよね。

 

キャスト後、ロッドを大きく

左に動かせばルアーは左寄りに
右に動かせばルアーは右寄りに

と着水までに微調整が効くんです。

つまり ルアーキャスティングはキャスト後もその着弾位置をリカバリーできるというわけですね。

これが左右調整だけでなく、ロッドとラインとの角度を大きくしてあげれば

ブレーキ

にもなります。

飛距離調整は2つ

ベイトタックルにおけるキャスト後の飛距離調整(ブレーキ)は主に2つ

サミング

ロッド角度による抵抗

です。

サミングだけでの飛距離調整には限界があります。
親指だけでそこまでの微調整なんてたかが知れていますよね。

となるとサミングとあわせて ロッドとラインに角度をつけた『抵抗による飛距離調整』が必要になります。

 

※ラインとロッドに角度をつけるため、ここではロッドを立てている画にしています。

 

ピンポイントキャストを狙うのであれば サミング と ロッド抵抗 のダブルブレーキ併用が必須になるわけですよね。

 

リールが顔のそば

ダブルブレーキ(サミングと角度)からの弾道・飛距離調整をした結果が

リールが

顔のそばに

あるポーズ

になるわけです。

キャスト後、リールを顔に近づけることをルーティンにしておけば必然的にロッド抵抗を加えられていることになるんですよ。

なるほど!!ようやくつながりました!

SAKI

,,,あの、なんだかこの絵、イヤなんですケド。

SAKI

SORA

えっ!?

 

バット部分は利き目

距離感をつかむのに もうワンポイント

それはリールを顔に近づけるのと併せて ロッドのバット部分を自分の利き目 合わせてみましょう。

距離感がだいぶつかみやすくなります。

 

,,,ですから

 

この絵、イヤなんですケド

SAKI

 

うぬぬポイント

この決めポーズ、毎回はしていませんね、、、。

『ここぞ』というピンポイントキャスト時にしかしていません、私。

 

しかし、ラインとロッドの角度をつけてあげることでその抵抗がブレーキになる、という事は覚えておいて損はありません。

 

まとめ

いかがでしたか。
今回は『決めポーズでピンポイントキャストができる!』について紹介しました。

 

キャスティング精度のレベルアップの一役になれば幸いです。
是非参考にしてみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

BASS-UP.COM(バスアップ)がお送りしました。

SNSはこちら
Facebook Bass-UP.com
Twitter @Bassup


↑↑↑ BASS-UP.COM ツールページ ↑↑↑

Sponsored Link
error: Content is protected !!