#81 必買クランクベイト ミブロ フューリー インプレ

ウォブリング、してますか?

こんばんは。

クランクベイトネタ、もう1ついかせてください。

今回のテーマ、

必買クランクベイト ミブロ フューリー インプレ』と題してBASS-UP.COM(バスアップ)がお送りいたします。

Sponsored Link

この記事のキモ

クランクベイトの中でもカバー攻略に特化したクランクの紹介です。

スクエアリップ且つ独特のボディ形状による高浮力がノーストレスのカバークランキングを実現してくれるんですよね。

カバー特化のクランクベイト、ミブロさんのフューリーについて書いていきます。

こんな方に読んで欲しい

①カバークランキングをストレスなくやりたい方。

②とりあえずクランクで釣果をあげたい方。

スタックしやすいハードボトムや冠水ブッシュ周りにつくバスはプラグに慣れていない事が多いと感じています。

ワームや打ち物ルアーには警戒するもののプラグで釣られた経験は少ない為、簡単に口を使ってくれるのではないでしょうか。

ルアー特徴

潜行深度

公式HP上ではレンジ、約1〜1.2mとの事。

私の感覚では1m『以浅』がメインレンジです。

この『以浅』がキモ、ですからね。

※潜行能力はラインの太さと種類、飛距離に大分左右されます。必ず自身のタックルにてチェックする様にして下さい。

 

潜行角度

見た目でも大きな特徴である、大きなスクエアリップのおかげで非常に早く狙うレンジに潜行させる事が出来ます。

つまり、バング際に寄りがちなバスも狙えるという訳ですよね。

斜め護岸なんてこのクランクの独壇場になります。

こんなストレッチ最高です

 

回避能力

スクエアリップのクランクの特徴である回避能力がズバ抜けています。

護岸やボトムにルアーが当たると弾けるように根掛かり回避してくれるんですよね。

そしてその一役を担うのが圧倒的な浮力。

この丸々としたシルエットにより『エアールームが大きい→浮力が高い』という事です。

私的使い方

カバークランキング一択です。

護岸沿い、バンク沿いに鬼数キャストをしていくんですよね。
イメージとしては霞水系の消波リップラップや利根川水系の斜め護岸辺りが狙い目です。

そしてレイダウンや縦ストラクチャーがあればその側で浮かせます。

今までのクランク記事でも書いてきた、通称『フローコンタクト』ですね。

え?

ああ、今決めました、『フローコンタクト』。笑

 

この釣り方が効果的な状況が間違いなくあります。

このルアーなメインレンジを1m『以浅』と書いたのはその為。

Sponsored Link

うぬぬポイント

クランクベイトの沼にハマる事間違い無しです。

クランクベイトと一口に言っても その実はスゴく深く広い世界が、、いや、魔界が広がっている訳です。

以前の記事、
ミブロさんのバレットヘッドDD、
ペイフォワードさんのワンエイトMR、

そして今回のミブロさんのフューリー に続いて同サイズ、同レンジを狙う為の必買クランクが あと2つ私にはあります。

!?
SAKI
SAKI

さらにここにスモールクランクやマグナムクランク、フラットサイドクランクなどなど加えていくと、、、まさに無限大!!笑

 

楽しすぎて鼻血が出そうです。

 

まとめ

ルアーのキング・オブ・キングスのクランクベイト。

その中でも異彩を放つこの ミブロさんの『フューリー』。

 

用途がハッキリしていて特化型の名に相応しい名作だと思っています。

ワガママボディに秘めるポテンシャル、是非体験してみてはいかがでしょうか。
手っ取り早く釣れるクランクですよ。

 

『fury ≒ 激しい怒り』の通り、バスの怒りを買ってバイトをとれるのでしょうから。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

BASS-UP.COM(バスアップ)がお送りしました。

SNSはこちら
Facebook Bass-UP.com
Twitter @Bassup

Sponsored Link
error: Content is protected !!