#121 バス釣り 釣れるようになるために ルアー・リグを絞る

バス釣りしてますか?

 

こんばんは。BASS-UP.COM(バスアップ)です。

 

 

最近は釣行できず、タックル・ルアーメンテナンスとともにカラダのメンテナンスに四苦八苦しています。

 

ですが逆にいい時間なのかもしれません。
おかげで釣り部屋は整理されルアーボックスもきちんと整頓することができました。

 

そんなときに、、ふと

 

Sponsored Link

この記事のキモ

 

コーヒーを飲みながら1人思いにふけっていると、今は使っていないルアーやシンカー、フックが大量に目についたんですよね。

 

そんな中でバス釣りでレベルアップをするために必要と思ったことをつらつらと書いてみようと思います。

 

 

今回は『バス釣り 釣れるようになるために ルアー・リグを絞る』と題してお送りしますね。

 

こんな方に読んで欲しい

 

・所有ルアーが増殖し続けている方。
・新作/話題のルアーに飛びついている方。
・お時間ある方。

 

それつかっていますか?

 

バス釣りを始めたばかりの頃、それはもう完全に釣られていました。

 

バスを釣るのではなく、私が『釣られていた』んですよね。

 

 

バス釣りの全雑誌を毎月購入し広告に書かれていたり紹介されている

『釣れそう!』
『面白そう!』
『好きなメーカーの新商品!』

 

 

それらが掲載されていたら必ず手に入れていました。

 

お店の入荷情報に目を光らせ、知人からの商品の情報にアンテナを張り、暇があればショップ巡り、、、というまさにノンプレッシャーバスさながらにルアー・釣り具に即バイトをしていたんですよね。笑

 

もちろん、そこには楽しさもあり充実していたし後悔もしていません
ですが今ここにきて思う事があります。

 

 

購入したルアーの半分も使っていない

と。

 

 

勢いだけで購入、数回使って目移り 

というルーティンを何度繰り返してきたことか。

 

Sponsored Link

ルアー・タックル数 ≠ 釣果

 

そしてかつてはそれらルアーを含めたタックルや釣り道具をほぼ全てフィールドに持ち込んでいたんですよね。

 

 

おかっぱり でも バックシーター だとしても。

 

思い返すだけでも

・VS-8050(メインハードルアー)
・VS-3080(フック・シンカー・小物)
・バッカン(ソフトワーム・その他)

・タックル10~12セット

 

 

多すぎですよね?誰が見ても多すぎ!

邪魔!!

 

そして新商品やキャストしてみたいルアーを片っ端から試してバスは釣れずに貴重な1日が終わるわけです。

 

 

スキルUPも、レベルUPもありませんよね。

 

 

ブラックバスという魚を全く みてませんでしたからね。
バスよりも先にルアーありきの釣りだったなと感じます。

 

そのくせ

『何で釣れないんだろう、、、』

って本気で考えてましたから。笑

 

 

釣行は限られている

 

バスプロやメディアプロでもない限り釣行回数は限られているわけです。

 

一般的な会社員・従業員であれば がんばって行けても毎週末、というところでしょうか。

 

 

仮に毎週末行けたとしても自分の武器にまで昇華されるまでルアーを極めるのには時間が足りません。

 

 

だからこそ 自分の好きな、得意な ルアーやリグに絞った釣行の方がルアーの本質が理解出来たり バスの居場所の考察に注力ができる等、釣りレベルの底上げにつながる ことは間違いないでしょう。

 

 

平均型は平凡型

 

ビジネス系 自己啓発本でも

『なんでも出来る は なにも出来ない』

と切り捨てるような事が書かれています。

 

 

平均的なステータス割り振りをして『そつなくこなす』よりも なにか1つに 全振り して『弱点もあるけど1点最強』の方が特徴となり それが強さになるんですよね。

 

 

たとえば、、、通信簿5教科で

①オール3 = 15ポイント
・・・平凡生徒

②数学5 理科5 社会3 英語・国語1 = 15ポイント
・・・理系の有望株

③オール1 だけどインハイ特待生
・・・体育祭のヒーロー 笑

 

②と③は特徴ありますよね?
弱さもあるけどとんでもない強さも持ち合わせるわけです。

 

 

バス釣りでも

クランク特化

テキサス特化

ダウンショット特化

 

等々、

同じように得意分野、好きな分野を伸ばしていく事で成果・結果が出やすいのではないでしょうか。

 

 

間違っても『しょうがないから弱点克服』や『苦手分野を無くしたいから』、、、などに時間と労力を消費するのはおススメしないという事です。

※時間は有限だからこそ

 

 

釣りでも突き抜けたいと思いませんか?

 

 

一周まわるとルアーは絞られる?

 

あくまでも1つの例、になりますが

釣りウマはベースルアーが決まっている

と感じるんですよね。

 

 

良く同船させてもらっている釣りウマの方、バス釣りキャリアも長く色々な釣りを試してきているわけです。

 

 

もちろん、ルアーやタックルも数多くを所有しているんですが、実際の釣行ではほぼ『テキサスリグ』なんですよね。

 

まぁ、好きな釣り方であり実績が高いという確固たる自信がそうさせているんでしょう。

 

ただ、ここで誤解してはいけないのが
『テキサスリグしか出来ない』と言う訳ではないんです。

 

ベースリグがテキサスリグなだけであって多分オールラウンドな釣りはできるはずなんですよね。

 

 

信頼のおけるルアーに絞る。

そしてそのルアー、リグは サーチルアーであり食わせルアーであり、マネールアーという事なんです。

 

これが釣り勝つために『得意分野に能力ポイントを全振りした結果』なのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。
今回は『バス釣り 釣れるようになるために ルアー・リグを絞る』について紹介しました。

 

まぁ、新しい釣り方やルアー、リグを試していく事が悪だとは思いません。

新しい試みに意義はありますからね。

 

 

『本質を深堀する』

という事が大切という事です。

 

 

 

以上、お付き合いいただき ありがとうございました。

 

そして、とっ散らかった文章失礼しました、籠りがちだとなんとなく精神論的な話しになりがちでですね。

それを勢いだけで書いてしまいました、、、。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

BASS-UP.COM(バスアップ)がお送りしました。

SNSはこちら
Facebook Bass-UP.com
Twitter @Bassup



Sponsored Link
error: Content is protected !!