#125 ボート 子供と同船の注意点 5選

バス釣りしてますか?

 

こんばんは。BASS-UP.COM(バスアップ)です。

 

突然ですが、、子供との同船釣行って、経験したことありますか?

 

 

少し不安ですよね?

 

 

あくまでも釣りは自然との遊びです。

 

楽しさもあれば危険なこともあるわけです。

 

 

今回はレンタルボードでの子供同船釣行を注意点を踏まえレポートにしました。

 

 

ボート遊び 子供との同船釣行 注意すべき5選』と題してお送りします。

 

どうぞ。

 

 

Sponsored Link

この記事のキモ

 

レンタルボートやマイボートで子供(小学生高学年)を同船させる場合の注意点を記事にしました。

 

 

なかなかレアな情報だと思っています。

100人に読まれる平凡な記事ではなく1人だとしても突き刺さるとがった記事を書くスタイル、BASS-UP.COMです。笑

 

 

こんな方に読んで欲しい

・ボーターの方

・子供と同船する予定の方

 

ボーターには夢があります。

『自分の子供と一緒にボートバス釣りをする』

 

という大きな夢が!!

 

 

、、、え?

 

私だけ?ですか?笑

この度、『バス釣りご縁』のある方から連絡がありました。

 

『息子とレンタルボート乗るけど不安だから同船してくれない?』と。

 

 

 

 

喜んで!!

 

 

お子さんが生まれた時からそんな話をしてたんですよね。
大きくなったら男3人、ボートバス釣りしようね、と。

10数年越しの願いが叶うわけです、行かないわけいきません。

 

 

まぁ、ある程度大きくならないと釣りにならないし危険も伴うレジャーなので小学校高学年になるまでお預けでした。

 

だからこそ楽しみで仕方ありません。

 

注意
この少年はなかなかの『バス釣りマニア』です。

ルアーやタックルに関しては知識が群を抜いているんですよね。
ちょっと一般の子供とは違うかも。

だからこそ、 ボウズ でも充分楽しめると見込んでボートデビューしました。

ベイトタックルも難なく使いこなしますからね、、、。

 

Sponsored Link

フィールド

 

フィールドは千葉県は三島湖、 釣舟店~ともゑ~ さんから出船です。
名物の減水は4m、天気は晴れ時々くもり。

 

連休後半なので相当なプレッシャーがかかっていると予想されました。

気温も厳しく予報では最高気温31℃との事、暑く、熱くなりそうです。

 

注意点 5選

 

さぁ、今回の子供が同船するにあたって私なりに意識した事があります。

1つ1つ紹介していきますね。

 

 

目を離さない

 

前提としてその子は今回がボートデビューです。

決して目を離すわけにはいきません。
勝手がわからず何か危険なことをしないとも限りませんからね。

バックシーターエリートの私が その子をきちんと見てあげようと思いました。
そしてボートデビューを楽しいものにできるかどうか私の腕の見せ所なわけですよ。

まずは『目を離さない』は絶対条件ですね。

 

 

シート(釣り座)は真ん中

 

シートは『真ん中』です。

 

キャスト制限が多くなってしまうかと思いますが、万が一を考えるとやはりこの位置がベストでしょう。

 

 

何かあれば即対応できますし、本人が気づかないうちにしてしまう危険なこともすぐに注意できます。

 

 

キャストに注意

 

子供に限った話ではありませんが、、

 

普段陸っぱりなどで慣れていてもボートでのキャストはまた少し違います。

 

 

狙い通りのキャストが出来ないんですよね。

せっかくなので楽しい釣りにしたいところ。
私は彼のキャストのタイミング、極力ロッドの邪魔にならない位置に寄りつつ離れつつを徹底します。

もちろん、キャスト時には周囲の確認をするようにと きちんと説明はした上ですけどね。

間違っても同船者にフッキングさせるわけにはいきませんから。

 

 

体調不良に注意

 

先にも書きましたが気温が高く釣行中は厳しい日差しだということは想像に難くありませんでした。

 

 

熱中症にさせるわけには絶対いきません。

 

暑さ対策はきちんとしていきます。

 

飲み物

麦茶、スポーツドリンクを少年の分と私の分合わせて合計10本持ち込みました。そのうち3本は冷凍して持ち込みです。

 

塩タブレット

汗をかき続けたからと言って水分だけとっていても具合は悪くなります。
コンビニで買える塩タブレットも買っていきました。

 

冷感スプレー

実は昨年から愛用しているのですが、このスプレーは絶大な威力を発揮します。
熱を溜めた服やシューズの上から吹き付けるとかなりの清涼感を得ることができるんですよね。

気化熱で体を冷ますようになるのですが結構病みつきになります。

 

ウェットシート

先の冷感スプレーと似ていますが、このシートも重宝します。

首回りや脇下を拭いてあげるとスッキリしますからね。

かさばるものでもないのでタックルボックスに1つ入れておけばベターです。

 

 

飽きに注意

 

先にも書きましたが、いくらバス釣りが大好きだからと言って集中力という点ではやはり子供。

 

 

飽きからのバス釣り嫌い、、、。

そんなことにならない様、絶対に飽きさせるわけにはいきません。

 

いろいろなルアーをあらかじめ持ってくるように説明しておいたのと、私も

ネタルアー

を持ち込みました。

 

釣りに疲れたらルアー談議もいいかなぁと思っての準備です。

 

釣行報告

 

 

全ては杞憂に終わりました。

 

大きな危険もなく、きちんと最後まで釣りをし続けてくれました。

 

 

少年はタックルやルアーが大好きなので私のコアな話も興味津々で聞いてくれましたからね。笑

 

今回の釣行では使用しないリールやロッド、ルアーを持ち込み、お試しキャストやセッティングについて盛り上がりました。

 

 

ああ、、、唯一、集中しすぎると船の片方に寄りがちだったかな、と思います。
船べりに寄ってしまい、ボートが傾くことが多々。

 

 

ええ、そこは

スーパーバックシーターの異名(自称)

 

を持つ私です。

即声掛けをし、私は船体のバランスをとるために反対側へ体重移動です。

※これにはボーターも気づいていたらしく感謝されました。汗

 

 

 

 

釣れたんですか?

SAKI

 

、、、タフでした。
出船可能時間とともに出発して雑談は盛り上がるも釣果は沈黙が続きましたね。

 

 

そして今回、私はサポートに徹するべく

『プラグ縛り敢行!』

1人 H-1 です!
多分、いろいろワームを持ち込むと熱くなって釣りに集中してしまいそうだったので、、、。

 

 

もう1度聞きますね。

釣れたんですか?

SAKI

 

 

、、、

 

、、、、

 

、、、、、

 

、、、、、、

 

 

 

 

 

 

空気読まず釣りましたよ!

ボーター、少年、、ともに沈黙の中!!

トップで2本!(O.S.P ラウダー オリジナル)
クランクで2本!!(ミブロ チーター Type-C)

 

 

 

あ、釣れたんですね。笑

というか誰よりも先に!?

SAKI

 

いやぁ、おかげでなんだか不思議な罪悪感あふれていました。笑

 

 

でも、ですよ?
終盤、少年にも釣ってもらえました。

よかった!!

SAKI

 

 

ボーター0

少年1

私4

 

、、、な釣果でした。

 

、、、やってしまいましたね。

SAKI

 

いやぁ、でも本当に一安心しました。
ボーター、私、無駄に焦っていましたからね。

 

釣らせないとマズい』と。笑

 

 

なんだかんだで昼過ぎにはストップフィッシングでしたが充分に楽しんでもらえたと思います。

 

『またスグ行きたい!』

 

と帰りの車内で少年に言われたときはすごくうれしくなりました。

 

ぜひぜひ、また行きたいですね。

 

うぬぬポイント

 

私、バックシーターとしての釣行がかなり多い気がします。

 

レンタルボートデビューしたての

『全員に釣り勝ってやる』

みたいなギラギラとした感が久しい気がします。

それに伴って爆釣、ビッグワン、満足釣行がほぼないような気がして。

 

 

ちょっと単独釣行、修行しなければいけないかもしれません。大汗

 

 

 

MEMO
同船釣行は楽しいんですよ?

ただかつてのギラギラ感と釣りスキルが下がっている気がして、、、。涙

 

まとめ

 

いかがでしたか。

今回は『ボート 子供と同船の注意点 5選』と題して紹介しました。

 

是非参考にしてみてください。

 

 

子供を同船させるときは

可能であればボート経験者と一緒に行く

のがやはり いいのかな、と思いました。

 

 

釣行中、ライントラブルやタックルトラブル、準備など何かとボーター1人とは別に経験者がいると楽ですね。

あとは些細なことでも少年に声掛けは徹底してました。

 

皆様も もし、子供と同船する機会があればこの記事を思い出してもらえると幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

BASS-UP.COM(バスアップ)がお送りしました。

SNSはこちら
Facebook Bass-UP.com
Twitter @Bassup



Sponsored Link
error: Content is protected !!