#50 リールは消耗品?一生モノ?コダワリはありますか?

バス釣りしてますか?

こんばんは、『SORA』です。

 

 

毎年この時期はフィッシングショーが楽しみになってきますね。

各メーカー フィッシングショーに向けての商品発表やリリースをしてきますから。

 

 

ここで ふとリールについて改めて思いを巡らせてみました。

 

 

この記事では

『リールは消耗品?一生モノ?コダワリはありますか?』

と題してバス釣りの中核を担うリールについて私の思う事を書いてみようかと思います。

 

 

リールは消耗品?

 

ズバリ言ってしまいますが 私にとってリールは

『完全に消耗品』

です。

 

道具は使ってあげて初めて役割を担うと考えています。

 

 

だからこそ私はリールを含めてタックルはガンガン使います、使い込みます。

 

傷なんて気にしません。性能が確保されていれば何も問題ないんですよね。

 

※まぁ、無下に扱うと言う訳ではないです。

 

 

リールに違和感が出てくれば自身でメンテナンスしますしそれでも具合悪ければメーカーメンテナンスにも出します。

 

、、、それでもどうしても調子に違和感があれば、、、

 

同機種だろうが

『買い換えます』

 

 

違和感を残したままでフィールドに出ていきたくないんですよね。

『このリールを積んだタックルはフィーリングが違うから注意しないと、、、』なんて心の中のメモリを使いたくないのです。 

タスクを増やしたくないというか。

 

このニュアンス伝わるでしょうか。

 

 

リールにも再現性を求める

 

幾度となく『再現性の重要性』を記事にしてきていますが、リールにも同じことが言えます。

 

バス釣りはどうしても投げるルアー重量や使用目的によってタックルが増えてきます。

 

 

そこで リールによってフィーリングが変わるのがすごく嫌なので 私は基本的なメインリールを全て SS Air に揃えています。

 

 

ハンドル長さ、重量、巻き取り長さ、スプール回転 等 全て一緒にしておきたいんですよね。

 

※ちなみに全て『ヘッジホッグスタジオ』さんの かっ飛びチューニング済 です。

 

 

『フロッグ』『ヘヴィカバー』の釣りをするのであればギア比の高く、剛性のあるジリオンSVTW。

『軽量リグのスキッピング』の釣りをするのであれば TWSと軽量スプールを搭載するT3Air。

などの

 

「このリールでなければダメ」

 

というような理由あるタックルは別の話ですが 私は SS Airを多用しています。フィーリングが大好きなのです。

 

 

 

フラッグシップ≠良い

 

スティーズSVTW 、所有していますが 私はSS Airの方が好きです。

3Air 、所有していますが 私はSS Airのほうが好きです。

 

 

何が言いたいかというと

『フラッグシップが良い』 と一概に言えないという事

 

是非、自分に合うリールを探してもらいたいと切に思います。

リールの進化は凄く バス釣りレベルアップに大いに貢献してくれますから。

 

 

 

#9 サミング出来ていますか? ベイトリールキャスト上達

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

 

リールやタックルのコレクターの方もいるので 『消耗品だ』 という私の意見に気分を悪くさせてしまっていたらごめんなさい。

 

そんなバス釣りファンもいる、と頭の片隅にでも覚えておいてください。

 

 

 

ああ、あと リールを機種統一しておく のはお勧めです。

万が一フィールドでバックラやその他のリールトラブルになってしまったときに替えが効きます。

私は予備のスプールも2個、フィールドに持ち込むのですがメインリールが全て同じなのでどのタックルのバックラでも酷ければすぐにスプール交換してしまいます。

 

実はこれがすごく便利なんですよ。

バックラ直している時間も惜しいし、キンクしたラインでブレイクするリスクも回避できますから。

 

 

さぁ、この時期、シーズン中で酷使してきたリール、ロッドをメンテナンスする時期ですよ。

 

いたわってあげてください。

 

、、、フィーリングがおかしくなりすぎてしまっていたら、、、買換えですよ。

 

え?

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

以上、『リールは消耗品?一生モノ?コダワリはありますか?』の話でした。

 

 

error: Content is protected !!