#33 必携便利道具① | BASS-UP.COM

#33 必携便利道具①

バス釣りしてますか?

こんばんは、『SORA』です。

 

今回は『必携便利道具①』として フィールドに持っていくと役に立つ、でも、なかなか紹介されていないような道具を挙げていこうかと思います。

 

タイトルに『①』がついているのは、今後②、③、、、と続いていく気がするから。

特に深い意味はありませんのでお気になさらずに。

 

 

 

ああ、見出しを見て 『この商品は知っている』『すでに使っている』という方、今回は深く読まなくても大丈夫です。

その分、キャスト練習やリグの検討などに充ててください。

 

ただの時間泥棒にはなりたくない、それがBASS-UPスタイル。笑

 

 

ではサクッと参ります。

 

ヨリトレール(ウォーターランド)

 

スピニングタックルでノーシンカーや軽いジグヘッドリグなどの軽量リグを使い続けていると 糸よれ が発生しやすくなりますよね。

 

『糸よれ ⇒ ぴょん吉 ⇒ ライントラブル ⇒ 修正時間掛かる ⇒イライラする』 とアングラーにとって良いことが1つもありません。

 

そんな 糸よれ を即解決してくれるのがコチラのツール。

 

こちらをリグってキャストしてまくだけで 糸よれ を解消してくれます。

色々と 糸よれ を直す方法もありますが、このツールを使うのが一番手っ取り早いかなと 堂々のランクインです。

 

サイズも小さいのでタックルボックスの片隅にでも置いてあげてください。

 

マグネットクリップ

 

色々とリリースされているので一概に商品特定はしませんが、このクリップタイプが非常に使い勝手GOODです。

普段の使い方はキャップツバに挟み込んでラインカッターをつけておくだけ。

 

私はライフジャケットにもピンオンリールにつけたラインカッターを装着していますが、キャップにも必ずラインカッターをつけておきます。

 

 

例えば枝にまかれた水中にいるバス、バスの顎はつかんでいるけどラインが枝にまかれまくってなかなかラインを辿れないとき。

 

バスの口元でラインを切りたいですよね。

ピンオンリールではのバス距離に限界があります。

 

 

そんなときに出番です。

 

 

 

注意点としては 『マグネットの磁力が非常に強い』という事。

タックルボックス内でフックやその他金属に触れたままにしておくと磁気を帯びてしまうのでご注意を。

 

 

 

トゥルーチューナー(コーモラン)

皆様、プラグの巻物の頻度は高いですか?

 

私は結構投げます。

最近はスピナベマニアになりつつありますが、シャッド、クランク(フラットサイド含)も大好きです。

 

ですがリトリーブ時にまっすぐに自分の手元に帰ってこないことがあります。

 

ラインアイが曲がっているんですよね。

 

 

器用な人はプライヤーで直せばいいと思いますが私はプライヤーで直すとなると結構時間がかかります。

目視しながらの微調整がプライヤーでは難しいんですよね。

 

そんな時、このトゥルーチューナーを一度使ってから手放せなくなりました。

 

 

サイズも大きいものではありません。

私はライフジャケットのピンオンリールにラインカッターと一緒に装着しています。

そうすればリトリーブ時に違和感を感じてすぐにトゥルーチューンできますから。

 

 

まとめ

 

サクッと商品紹介でした。

釣具屋さんに行くといろいろな便利グッズがあってワクワクしますよね。

 

気になるものがあれば『この商品はどうですか?』と質問ください。

 

持っているものであれば解説しますし、持っていなければ購入してインプレします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

以上、『必携便利道具①』の話でした。

 

 

error: Content is protected !!